妊娠線ができやすい人

妊娠線とは、出産時におなかにあらわれる赤紫色の線です。
皮膚は「表皮・真皮・皮下組織」の3層に分かれていますが、妊娠しておなかが大きくなったときに伸びるのは表皮だけなので、引っ張られた部分に割れ目ができて、それが妊娠線となります。
なお、妊娠線ができることで痛みなどは感じません。

妊娠線はおなか以外に、胸や太もも、お尻などにもできます。
この妊娠線ができやすい人とできにくい人がいます。
妊娠線ができやすい人というのは、体型的に太っていて皮下脂肪の厚い人、小柄でおなかが大きくなったときに妊娠線ができやすい人、双子を出産予定の人などで、乾燥肌で皮膚の伸びが悪い人などもできやすくなります。

この逆で、妊娠線ができにくい人は、大柄でおなかのでっぱりが少ない人、皮膚に十分な潤いのある人などが該当します。
おなか以外では、妊娠で乳房が大きくなったり、骨盤が開くことなどでお尻が大きくなることも考えられるので、それが理由で胸や太もも、お尻などにも妊娠線ができます。

妊娠線は、肌が乾燥しているとできやすくなるため、「妊娠線予防クリーム」などを使うことで防ぐことが可能です。
妊娠線ができやすい場所に、妊娠線予防クリームを塗っておきましょう。
最初は赤紫色の線ですが、出産後時間が経つと妊娠線は白い色へと変わっていきます。
子供の頃に、お母さんのおなかに白く光った線が残っているのを、不思議に思ったことはないでしょうか。
あれが妊娠線のなごりです。

Copyright © 2014 体質?妊娠腺ができやすい人は? All Rights Reserved.